アンドラーシュ・シフの「皇帝」 11月6日, 2019


コンサートが終わって上野から山手線に乗車すると, 1両に数人。でも, しばらくして見上げると東京駅も過ぎたようで, 向かいの席の老若男女7人全員が携帯の画面に目を伏せているほどには混んでいた。いつもの様子だ。

しかし, 昨晩の演奏会は何だったのだろう。「皇帝」が終わった時, なぜか不思議にも涙が流れ, なぜかちょっと恥ずかしかった。こんな感動始めてだ。わけがわからない。


サー・アンドラーシュ・シフ & カペラ・アンドレア・バルカ
 Sir  András  Schiff & Cappella Andrea Barca

J. S. バッハ・・・『音楽の捧げ物』BWV.1079より 6声のリチェルカーレ
モーツァルト・・・ 交響曲第41番 ハ長調K.551「ジュピター」
ベートーヴェン・・・ ピアノ協奏曲第5番 変ホ長調Op.73「皇帝」

楽員はステージに集まり, 席に立ったまま指揮者を待つ。ああいうスタイルも指揮者とひとつの思いで繋がっているようで,なかなか格好いい。他のオーケストラのコンサートでこういう始まりを見た覚えがない。忘れているだけかな。

1曲目のリチェルカーレは, 高校生の頃, NHK-FM「現代の音楽」のテーマだった。ヴェーベルン/A.Webern編曲で冒頭のホルンが今思い出しても泣ける。あの頃をきっかけに, 音楽を聞くようになったし, ヴェーベルンの全集まで買ったんだったっけ。もう黴だらけになっているかもしれない, 随分針を落としていないから。今回の演奏では弦に割り当て, 上手に位置した2nd.Vnから始めていた。1st.Vnは4プルト半。コントラバスは2人が左右に一人ずつ位置していた。シフは曲が始まったらじっと聞くふうで, 手は動いていない。でもなぜか奏者と繋がっているという後ろ姿だった。

2曲目のジュピターにはアタッカではいった。確かにバッハからの繋がりでこの形は深い。左コントラバスの白鬚美しいクラウス・ストールが印象的。本当に楽しそうに楽器を弾いているのが, 見ても聞いてもステキだ。

休憩後の始まりでは, 集まった楽員は座って待ち, シフに促されて立ちあがっていた。こういう始まりなんだね。「皇帝」は, 冒頭の頑強に胸をはった様な音楽も素敵だけど, やはり2楽章がなんといっても好きだ。宇宙の彼方から光がキラキラ自分に降りそそいでくるよう。このキラキラ度が昨晩は特別に高く感じられ, そこから爆発するような3楽章へのアタッカ。ワクワクする。ドラマチックな演奏だった。

曲が終わり満場の拍手。よく演奏会で思うのだけど, 確かにステキではあるけど「普通の演奏」に, 腕が折れそうな拍手をしたり, 果ては「ブラボーーー!!!」と叫ぶ人までいる。でも, 今回は自分でも掌が痛くなるほど。正真正銘の拍手に感じられ, 純粋に意志の貫徹した演奏に感動した。拍手に応えてベートーヴェンのピアノ協奏曲第1番の第2楽章。ちょっと長く10分ほど, 演奏家たちの心がこめられたアンコールだと感じた。アンコールはやはりこういう曲が良い。素敵な演奏で気持ちを満たして帰宅したいものだ。まれに, 騒然とした雑踏に踏みつけられるような音楽で終わる演奏会がある。「やめてくれよ」と思うことも。昨夜のコンサートはそれとは違った選曲で, いくらでも聞きたかった。でも, それ以上せがむのは失礼と, 満足したままで会場を出た。外は満月の夜だった。